ひかり税理士法人


Recruit Site

Loading

2019.10.07 | 就活コラム
【経営戦略・企画の仕事】就職に必要なスキルやキャリアパスについて
2019.10.07 | 就活コラム
【経営戦略・企画の仕事】就職に必要なスキルやキャリアパスについて
【経営戦略・企画の仕事】就職に必要なスキルやキャリアパスについての写真

ここでは、会社の頭脳とも言える経営戦略や企画の仕事に就くためにはどのような能力やスキルが必要なのか、また取得しておくと役に立つ資格やキャリアパスについてまとめています。
経営戦略・企画の仕事に就くための新しい選択肢も提案していますので、ぜひ一読してみてください

CONTENTS

目次

1.経営戦略・企画の仕事とは

経営企画や経営戦略の主な仕事は、会社の方針や計画を考え、それらを達成するために必要となる手段や戦略を打ち立てていくことです。
経営者の参謀となり、会社の経営資産である「ヒト・モノ・カネ」そして「情報」をいかに効率的、効果的に活かすかを考えます。

そのため経営戦略・企画は、
・会社の経営企画部門
・経営コンサルタント会社
・中堅~大型税理士法人
など、様々な場での活躍が期待されている仕事でもあります。

では、実際経営戦略・企画の仕事に就くためには、どのような資質や能力が必要とされるのでしょうか。
次の章から具体的に解説していきます。

経営戦略・企画の仕事とはの写真

2.経営戦略・企画に求められる資質や能力

経営戦略・企画に必要とされる能力のうち、4つをピックアップしてみました。

①財務・経理管理力
経営戦略・企画の仕事には、会社の経営状態を把握し、いかに効率的な予算を組んで資産を健全に保つかという経営管理力が求められます。単に決算書を読み取って予算を立てるだけでなく、全体のキャッシュフローや税務関連の知識も必要とされます。

②情報収集・分析力
刻々と変化する社会状況や経済情勢に合わせて会社を運営していくためには、会社を取り巻く状況や、その中でどのような位置にいるかといった情報を収集し分析する能力が必要です。

③論理的思考能力
会社全体を動かすためには、単なる思いつきや直感ではなくなぜその方針や結論に至ったのか、きちんとした根拠による論理的思考によって打ち立てられた方針や計画を全体に向けて説明、納得させる能力が求められます。

④意思決定・実行力
いくら素晴らしい企画や戦略を立てても、実行につなげられなければ意味がありません。短期的、長期的な計画や方針が机上の空論にならないよう、しっかりと実行に移せる行動力も必要とされます。

経営戦略・企画に求められる資質や能力の写真

3.経営戦略・企画の仕事に役立つ資格

経営企画・戦略の仕事は、まさに社内で経営コンサルタントの役割を果たしています。
経営コンサルタントや経営企画・戦略の仕事をする上で役立つ資格として、次のようなものがあげられます。

■中小企業診断士
中小企業診断士の資格は、国家資格として唯一の経営コンサルティング能力を認定するものです。試験内容は財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務など多岐にわたっています。専門分野に特化するのではなく、経営に必要な知識を幅広く求められる資格だと言えます。

■経営士
国家資格である中小企業診断士と同じく経営コンサルタントの資格ですが、経営士は民間団体の資格です。その歴史は長く、経営コンサルタントとして活躍している人の多くが経営士の資格を取得しています。学生には原則として受験資格がないので、経営関連の仕事の実績がある人におすすめできる資格と言えるでしょう。

■MBA(Master of Business Administration)
「経営学修士」と呼ばれるMBAは、税理士や会計士のような公的な資格ではなく、MBAが取得できる大学院やビジネススクールで経営について学び、課程を修了した人に与えられる学位です。履修内容は、財務会計管理や人的資源管理、情報・マーケティング理論、統計学、経済学など多岐にわたります。また、知識を得るためだけでなく、ビジネスにおける人脈作りの場としてMBA取得のために通うビジネススクールを活用している人も多いです。

■税理士
税務や財務に関する知識やノウハウは、企業経営にも直結しますので、税の専門知識を軸として経営コンサルティングの仕事を引き受けている場合も少なくありません。
税理士試験は、一定の条件を満たさなければ受けることができないハードルの高い資格ですが、その分、専門性に長けていると言えるでしょう。

■社会保険労務士
「社労士」と呼ばれることの多い社会保険労務士は、労働社会保険諸法令に基づいて書類を作成したり申請事務を代行したりする社会保険や労務関連のエキスパートであり、会社における「ヒト」の管理に欠かせません。税理士と同じように受験資格には一定の条件がありますので、取得が難しい資格の一つであると言えるでしょう。

『コンサルタントとして付加価値をあげよう~強みになる資格6選~』では、上記のような仕事に役立つ資格の紹介だけでなく、活かせる転職先についても解説しています。
ぜひ合わせて読んでみてください。

経営戦略・企画の仕事に役立つ資格の写真

4.まとめ

この記事では、経営戦略・企画の仕事で求められる能力や役立つ資格を紹介してきました。
キャリアパスについては、冒頭でも記載した3つが候補としてあげられます。

・会社の経営企画部門
・経営コンサルタント会社
・中堅~大型税理士法人

経営企画部門や経営コンサルタント会社が候補となるのは想像に難くないかと思われますが、実は税理士法人も有望な就職先としてあげられます。
規模の大きい税理士法人であれば業務も多種多様なため、例えば経営に必要な人事・労務などについて専門的な経験を積むことができます。
また、資格の勉強や取得についても理解してくれることが多く、仕事をしながら税理士や中小企業診断士などを取得しキャリアアップを図ることも可能です。

ひかり税理士法人では、本気で成長したい方を最大限にバックアップするため、資格取得制度“希望のひかり”制度を設けるなど自身の可能性を広げる支援を積極的に行っています。
税理士業界未経験の方が経営企画の第一線でコンサルタントとして活躍しているのも、本人の圧倒的熱意と強固なチームワークあってのものだと感じています。

経営戦略・企画の仕事に挑戦したいのであれば、ぜひ当法人に飛び込んできてほしいと思います。

まとめの写真