基本戦略で成功した代表的な企業とは | ひかり税理士法人 採用サイト

ひかり税理士法人


Recruit Site

Loading

2020.06.08 | 就活コラム
経営戦略事例を紹介-基本戦略で成功した代表的な企業とは-
2020.06.08 | 就活コラム
経営戦略事例を紹介-基本戦略で成功した代表的な企業とは-
経営戦略事例を紹介-基本戦略で成功した代表的な企業とは-の写真

この記事では、ハーバード大学ビジネススクールのマイケル・ポーター教授が提唱した3つの基本戦略を詳しくご紹介し、これらの戦略を活用し成功した代表的な企業をご紹介します。
事例と一緒に学ぶことで基本戦略が理解しやすくなるでしょう。ぜひ最後までご一読ください。

CONTENTS

目次

1.経営における3つの基本戦略

ハーバード大学ビジネススクールのマイケル・ポーターが提唱した3つの基本戦略をご紹介します。

①コスト・リーダーシップ戦略
この戦略では、競合他社に勝つために以下の2つを主に実施します。
・コストを下げる
・価格が安いことを利点として集客する

例えばコストを下げるには、「規模によるコストダウン」と「効率化によるコストダウン」の2パターンが考えられます。

【規模によるコストダウン】
・生産増加で固定費を低減する
・原材料費を下げる
・仲介を通さず直接仕入れる

【効率化によるコストダウン】
・他製品との生産ラインの共有
・他製品との原材料の共有
・自動化による人員削減

コストダウンが叶うと原価が下がるため、価格が安いことを利点とした集客を自動的に達成することができます。


②差別化戦略
この戦略では、ライバル会社と差異を明確化させ、自社サービスの強みを活かします。
企業が差別化を必要とする理由は2つです。
・ライバルとの価格競争を回避し利益を確保する
・「ブランド」を確立し固定ファンを獲得する
自社サービスに差別がないと同サービスとの価格競争がおき利益が低減します。
上記で紹介したコスト・リーダーシップ戦略でコストダウンすることも大切ですが、そもそも差別化しブランドとして固定客を掴むことができれば、価格競争に疲弊せずとも利益をしっかり確保できます。

③集中戦略
この戦略では上記で紹介した2つの戦略の片方に集中し、ターゲットに的を絞ります。
何故ターゲットを絞るかというと「経営資源に限りがある」からです。
少ない経営資源で間口を広げずに集中することで特定の領域に特化し優位性を持たせることが可能となります。

ここまで、経営の3つの基本戦略についてご紹介してきました。
さらに経営戦略や経営の基礎を知りたい方は下記の関連記事もぜひご一読ください。
【経営戦略・企画の仕事】就職に必要なスキルやキャリアパスについて
【経営戦略の基礎】必要性・種類・立案方法など

経営における3つの基本戦略の写真

2.基本戦略を活用し成功した事例1

それでは、ここから基本戦略を活用し成功した企業の事例をご紹介していきます。

【コスト・リーダーシップで成功した企業例】
■飲食業界
・マクドナルド
・すき屋
・サイゼリア
■アパレル
・ユニクロ
■ホーム業界
・ニトリ
・東京インテリア
・カインズ
■通信業界
・ソフトバンク
・UQモバイル
■旅行業界
・HIS

事例で見ると幅の広い業界が取り入れている戦略だということがわかります。
いずれもコスト・リーダーシップ戦略で低価格商品を実現したことで市場規模の拡大に成功しています。

【差別化戦略で成功した企業例】
■飲食業界
・スターバックス
■通信業界
・Apple
■コンビニ業界
・セブンイレブン
・ローソン
■電化製品業界
・ソニー

差別化戦略で成功している企業例を見るといずれもオリジナルにこだわった製品があることがわかります。
自社独自の強みがあることが大きな差別化を生むのです。

基本戦略を活用し成功した事例1の写真

3.基本戦略を活用し成功した事例2

【集中戦略を活用し成功した企業例】
■自動車業界
・スズキ
■電気製品業界
・シャープ
・オリンパス
■ファッション業界
・しまむら
■飲食業界
・ケンタッキー
・一休

【集中戦略は他戦略と組み合わせて力を発揮する】
現在は集中戦略を取り入れたうえでコスト・リーダーシップや差別化戦略を加えていくことが主流の考えとなっています。
基本戦略の1つとして提唱された集中戦略は、他戦略と組み合わせてこそ力を発揮するからです。

例えば、しまむらは20~50代の主婦層にターゲットを集中する一方でコラボ商品やSNSを活用し、商品の差別化に成功しています。

一見、チキン一本の集中戦略を行っているように見えるケンタッキーも、コスト・リーダーシップ戦略を組み合わせファーストフード業界で独自のポジションを構築しています。

マイケル・ポーター後年の論文でも、集中戦略は基本戦略の一つとしては触れられなくなりました。
書籍『企業戦略論』では、代表的な戦略論として上げられているのは「コスト・リーダーシップ戦略」と「差別化戦略」だけです。
これからの経営戦略は、既存戦略をそのまま採用するのではなく、主観的に効果性を考え、時代と共に柔軟に変化させることが重要といえます。

基本戦略を活用し成功した事例2の写真

4.まとめ

いかがでしたか?
今回は基本戦略で成功した代表企業とあわせて、3つの経営基本戦略を解説しました。
・コスト・リーダーシップ戦略
・差別化戦略
・集中戦略

これらの戦略を取り入れて成功している企業は大小企業関係なく多数あります。
しかし、昨今では3つの戦略のいずれかだけを採用しても、事業を成功させることは難しくなっています。

そんな中、ひかり税理士法人の経営コンサルティングでは基本戦略を応用し、多くの成功事例を作ってきました。
⇒関連記事『コンサルティング成功事例~経営改善計画の具体的な取り組み~

また、経営戦略・コンサルについても解説しています。
⇒関連記事『【戦略コンサルタント】転職前に知るべき仕事内容や経営コンサルとの違い
⇒関連記事『【コンサルティング手法】実践的な経営戦略・業務改善コンサル手法とは

多数ある経営戦略の成功事例を吸収し、新時代を担う経営コンサルタントとして活躍されたいのであれば、ぜひひかり税理士法人へ飛び込んできてください。

まとめの写真