ひかり税理士法人


Recruit Site

Loading

2020.03.16 | 就活コラム
【経営コンサルタントのすべて】基礎~なり方・実録インタビューも紹介!
2020.03.16 | 就活コラム
【経営コンサルタントのすべて】基礎~なり方・実録インタビューも紹介!
【経営コンサルタントのすべて】基礎~なり方・実録インタビューも紹介!の写真

経営コンサルタントは、人から感謝されることの多い魅力的な仕事です。
このコラムでは、そんな経営コンサルタントに求められるスキルややりがいなど、基礎からなり方までを実録インタビューも交えて紹介しています。

CONTENTS

目次

1.経営コンサルタントのなり方

経営コンサルタントは、事業拡大や人事の仕組み化、経営危機の回避など、顧客の抱える課題に対し最適な解決策の提案と実行支援を行うことが仕事です。

※経営コンサルタントの基礎知識は『人の役に立つ仕事がしたい!意外と知らない経営コンサルタントの魅力』で詳しく紹介しています。


そんなやりがいある経営コンサルタントのなり方は、例えば下記のような方法があります。
・コンサルティングファームへ転職
・組織化された税理士法人へ転職

それでは、経営コンサルタントのなり方を1つずつみていきましょう。

■コンサルティングファームへ転職
コンサルティングファームで採用される人材の傾向としては、
・税理士
・公認会計士
・USCPA
・金融機関経験者
・MBAホルダー
など、会社経営に関連する業務経験をしてきた人が有利です。
特に税理士や公認会計士といった国家資格をもつ20~30代前半の人材は、受験者数の減少やAI化の流れなど様々な要因から、どこも採用の門戸を大きく開いています。
業界未経験者も採用されますが、専門的な知識経験を補うためにも「コンサルタント」としての多面的なスキルが求められることを理解しておきましょう。

⇒関連記事『【業界歴3年以上】税理士経験を活かした経営コンサルをする方法』



■組織化された税理士法人へ転職
経営コンサルタントとして、より顧客に近い真のパートナーを目指すなら、組織化された税理士法人へ転職する方法があります。
組織化された税理士法人では、税務のプロである税理士と共に、知識経験を活かし、お客様により付加価値の高い提案をしていくことが可能となります。

⇒関連記事『税理士事務所でコンサル?コンサルティングファーム以外の選択肢とは』

経営コンサルタントのなり方の写真

2.経営コンサルタントとして求められる必要なスキル

経営コンサルティングをするのに必要なスキルは4つあります。

①経営に関する幅広い知識
②ヒアリング能力
③情報処理能力
④わかりやすく提案する能力

経営コンサルタントは、顧客の課題解決だけでなく、相手の期待以上の付加価値を提供することが求められています。
顧客の成長、発展、そして成功を実現させるためには、必要不可欠な能力だといえるでしょう。
また、取得して強みになり、実務としても活かせる6つの資格も紹介します。
①MBA
②中小企業診断士
③税理士
④公認会計士
⑤FP(フィナンシャルプランナー)
⑥社会保険労務士
⇒各資格の詳細『コンサルタントとして付加価値をあげる強みになる資格6選』

経営コンサルタントとして求められる必要なスキルの写真

3.経営コンサルタントのやりがい~実録インタビューあり~

経営コンサルタントとは、企業の経営を総合的に手助けし、企業の成長と発展を一緒に取り組む仕事です。
経営課題を経営者と一緒に見つけ、最善の策で解決していきます。
経営者をはじめ、その企業に勤める社員から企業の顧客まで、結果として多くの人の役に立つことができる仕事といえます。

経営コンサルタントがどれほどやりがいのある仕事なのか、現場のリアルな声として、実録インタビューを紹介します。

【実録インタビュー】<Nさん 44歳 男性>
税理士としてのやりがいは、経営者(社長)に一番近い立ち位置で仕事ができるところです。会社都合の売り込み的なスタンスは不要で、中立的な立場でお客様のためにアドバイスできるのがこの仕事の魅力です。
企業経営の課題だけではなく、ご家族の悩みなどのプライベートな相談までしていただけると、信頼してもらえていると感じられ、大変嬉しく思います。
また、本当にピンチのときに頼ってもらえるのもやりがいの一つです。そして、その期待を上回るパフォーマンスを発揮して、信頼を勝ち取ることがモチベーションにもなっています。
⇒社員インタビューより引用:https://www.hikari-tax.com/recruit/4th/n-k.html

経営コンサルタントを依頼するお客様は、事業拡大や人事の仕組み化、経営危機の回避などの課題を抱え、解決策を必要としています。
特に経営危機については、会社の存続の危機だけでなく社員の人生にも関わる大きな課題です。

経営コンサルタントとして多くの人の役に立つためには、どの能力も常日頃から意識的に高めることが大切といえるでしょう。

経営コンサルタントのやりがい~実録インタビューあり~の写真

4.まとめ

いかがでしたか?
このコラムでは、経営コンサルタントのなり方や求められるスキル、仕事のやりがいなどを紹介させていただきました。

経営コンサルタントは、顧客である経営者をはじめ、社員の方々だけでなく、その企業のお客様も含めて本当に多くの人に影響を与え、役立つことのできる仕事です。
顧客から寄せられる信頼や感謝の言葉は、経営コンサルタントとして何よりのやりがいにつながるといえるでしょう。

経営コンサルタントは資格がなくてもなれる職業ですが、信頼性や付加価値の高いサービスを提供するにあたり、資格を保有していることが望ましいと言えます。

ひかり税理士法人には、業務と学びを両立させるために、充実した研修制度を含む「7つのオリジナル制度」を設けています。
経営コンサルタントとして、経営者の真のパートナーとなって活躍していきたいあなたのご応募をお待ちしています。

まとめの写真
閉じる

現在の募集職種はこちらから
ご確認ください。

ENTRY