ひかり税理士法人


Recruit Site

Loading

2020.08.03 | 就活コラム
コンサルティングランキングベスト5!拡大するコンサル業界へ就職するには
2020.08.03 | 就活コラム
コンサルティングランキングベスト5!拡大するコンサル業界へ就職するには
コンサルティングランキングベスト5!拡大するコンサル業界へ就職するにはの写真

今回は拡大するコンサルティング業界の売上をベスト5でご紹介します。
コンサルティング業界のランキングを知ることでクライアントのニーズもつかめるでしょう。
また、コンサルティング業界へ就職する方法も合わせてご紹介しています。ぜひ最後までご覧ください。

CONTENTS

目次

1.コンサルティング業界の現状

コンサルティング業界の現状は以下の通りです。
市場規模:7,413億円(99位/130業界)
伸び率:+7.1%(26位/130業界)
収益性:+10.8%(7位/130業界)
平均年収:1,056万円(2位/130業界)
資料:業界動向SEARCH.com(https://gyokai-search.com
業界動向SEARCH.comの資料を見ると業界の伸び率は130業界中26位、収益性は130業界中7位と上位にランクインし
コンサルティング業界の現状は堅調で今後も成長が期待できる業界と言えます。
また国税庁による民間給与実態調査によると平成30年の日本の平均年収は441万円となっているため、
コンサルティング業界は年収としても魅力的な業界と言えます。
資料:民間給与実態調査(https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/minkan/index.htm
コンサルティング業界の今後について『コンサルティング業界の市場規模と今後の拡大予測について』でも詳しく解説しています。
ぜひ合わせてご参照ください。
では、次章よりコンサルティング業界の中でも実力のある企業をランキングでご紹介します。

コンサルティング業界の現状の写真

2.コンサルティングランキングベスト5

ここでは【日経コンサル売上ベスト5】と【主要総合系コンサルファーム売上ベスト5】をご紹介します。
【日系コンサル売上高ベスト5】
1位 野村総合研究所 4,714億円
2位 三菱総合研究所 894億円
3位 日本M&Aセンター 246億円
4位 船井総研HD 186億円
5位 山田コンサルティングG 131億円
資料:業界動向SEARCH.com(https://gyokai-search.com
【主要総合系コンサルファーム売上ベスト5】
1位 IBM Global Business Services 79.6臆USドル
2位 Deloitte Tohmatsu Consulting LLC 43.2臆USドル
3位 PricewaterhouseCoopers 41.3臆USドル
4位 Accenture PLC 41臆USドル
5位 Ernst & Young 34.8臆USドル
資料:主要総合系コンサル売上(https://www.consul.global/post2105/

コンサルティングランキングベスト5の写真

3.コンサルティング業界へ就職する方法

売上ランキングがわかったところでコンサルティング業界へ就職する2つの方法をご紹介します。
【コンサルティングファームへ就職する】
上記のランキングにもあるように日本では「外資系」と「日系」のコンサルティングファームが就職の選択肢となります。
「外資系」と「日系」の主なクライアントとの関り方の違いは以下です。
・外資系…プロジェクト型で1クライアントに対して数名以上のプロジェクトチームを結成し1カ月~数年の期間を決めてコンサルティングを行う
・日系…顧問型で個人のコンサルタントが、定常的にクライアントと関わってコンサルティングを行います。
一人のコンサルタントが、複数のクライアントを持ち問題がおきたら相談にのるという形です。
「外資系」「日系」ともに積極的に採用活動を行っているので自分のスタイルに合うファームをしっかりと調べて就活をしましょう。
コンサルティングの手法については以下の記事もぜひご参照ください。
【コンサルティング手法】実践的な経営戦略・業務改善コンサル手法とは

【コンサルティングを行っている税理士業界へ就職する】
税理士法人や会計事務所などでもコンサルティングを行っています。
たとえば、ひかり税理士法人では経営コンサルティング、戦略コンサルティングをはじめ、資産税コンサルティングや税務コンサルティングなど専門的なニーズにもお応えできるよう専門のコンサルタントが活躍しています。
こちらのコラムではコンサルファーム以外の選択肢について詳しく解説しているので是非ご覧ください。
税理士事務所でコンサル?コンサルティングファーム以外の選択肢とは

また、コンサルティングとして活躍したい方は持っていると強みになる資格がいくつかあります。
たとえば以下の3つです。
・MBA
・中小企業診断士
・税理士、会計士
これら以外のお勧めの資格や取得する強みについては『コンサルタントとして付加価値をあげよう~強みになる資格6選~』でご紹介しています。
コンサルティング業界への就職をお考えの方は、ぜひご一読ください。

コンサルティング業界へ就職する方法の写真

4.まとめ

いかがでしたか?今回はコンサルティングランキングを【日系コンサル売上高ベスト5】と【主要総合系コンサルファーム売上ベスト5】でご紹介しました。
日系では野村総研が圧倒的な強さで日系コンサルティング業界を牽引しています。

コンサルティング業界は「日系」と「外資系」でクライアントに関わるスタイルが違います。
・様々なクライアントに携わり経験を積みたい方は「外資系」
・一つのクライアントとじっくり付き合っていきたい方は「日系」
のコンサルティングファームがお勧めです。

コンサルティング業界の就活は一般企業に比べ特徴的です。志望動機の書き方や面接のスタイルについてこれまでの一般的な経験では準備不足になります。
少しでも気になる方はぜひ下記記事をご覧いただき就職活動の参考にしてください。
コンサルタントへ転職!伝わる志望動機の書き方【例文あり】
ケース面接突破の2つのポイント~失敗例と対策方法~
コンサルタントに必要なスキルとは?-求められる基礎能力と専門知識-
Big4税理士法人の転職状況は?中堅税理士法人との比較あり

ファーム以外の選択肢としてひかり税理士法人でも経営コンサルティングを行っています。
ひかり税理士法人は税務からコンサルティングまでワンストップのサービスでクライアントと関わることで、二人三脚でクライアントの成長をサポートしています。
クライアントとの繋がりを大切にし、自分もクライアントもともに成長できる環境で仕事をしたい方はぜひ、ひかり税理士法人への就職も検討してみてください。

まとめの写真
閉じる

現在の募集職種はこちらから
ご確認ください。

ENTRY