ひかり税理士法人


Recruit Site

Loading

2020.02.25 | 就活コラム
マーケティング手法一覧!分析や戦略立案に役立つ手法とは【最新】
2020.02.25 | 就活コラム
マーケティング手法一覧!分析や戦略立案に役立つ手法とは【最新】
マーケティング手法一覧!分析や戦略立案に役立つ手法とは【最新】の写真

マーケティングは、顧客のニーズを察知して市場で勝つための分析や戦略立案をする際に無くてはならないものです。
しかし、マーケティングといっても様々な手法があります。
今回は、ベーシックな手法から近年のトレンドとなっている手法まで、マーケティング手法一覧を紹介します。

CONTENTS

目次

1.マーケティングの定義とベーシックな3種類の手法

マーケティングには多種多様の解釈や定義が存在します。
日本マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織(※1)がグローバルな視野(※2)に立ち、顧客(※3)との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動(※4)である」と1990年に定義され、協会サイトでも公表されています。
※1:教育・医療・行政などの機関、団体などを含む
※2:国内外の社会、文化、自然環境の重視
※3:一般消費者、取引先、関係する機関・個人、および地域住民を含む
※4:組織の内外に向けて統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、および顧客・環境関係などに係わる諸活動をいう
(引用元URL:https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization

マーケティング手法は時代と共に変化し、増え続けています。
しかし、大きく分けると以下の3種類に分けられます。

①マスマーケティング
・不特定多数の消費者をターゲットとした、画一化されたプロモーションを展開するマーケティング手法
・4つの「Mass(大量生産、大量伝達、大量販売、大量消費)」を軸としている
・プロモーションは、テレビCMやラジオCM、新聞や雑誌等の所謂マスメディアを活用することが多い
・成果としてはブランディングや認知が主とされ、膨大なコストがかかる
・大多数の消費者が購入すると想定される食品や日用品、自動車、サービス等のプロモーションとして展開されることが多い

②ダイレクトマーケティング
・消費者情報や購買動向を把握してターゲットを定め、双方向のコミュニケーションによって販売の促進やプロモーションを展開するマーケティング手法
・レスター・ワンダーマンが1961年に科学的な広告原理に基づいて効率的な販売方法として世界で初めて提唱
・店舗を介すことなく、非対面で消費者に直接商品やサービスを販売する
・ターゲットに合わせたプロモーションを行うため、費用対効果が高い
・レスポンスを分析することで効果検証がしやすい
・通信販売やEC、通信教育やダイレクト型保険等で活用されることが多い
・ITの進化により、より需要が高まっている

③ゲリラマーケティング
・低コストで型に囚われず、時間やエネルギー、想像力や知見による手段を用いて記憶に残るプロモーションを展開するマーケティング手法
・ジェイ・コンラッド・レビンソン著の「Guerrilla Marketing」によって定義されたスモールビジネス向けの手法
・低コストでいかに多くの利益を得るかを軸に、競合他社との相互協力や消費者との関係性を築き上げること、心理学・人間行動学の知識から計画・実行する
・ITの進化により、活用の場が広まっている

上記3種類のマーケティング手法は、1種類だけを使用する企業もあれば複数使用する企業もあり、戦略によって使い分けられます。

マーケティングの定義とベーシックな3種類の手法の写真

2.トレンドのマーケティング手法一覧

先に紹介したダイレクトマーケティングやゲリラマーケティングには、更に細分化されたマーケティング手法が存在します。

近年はITの躍進でWebマーケティングやSNSマーケティング等がトレンドとなっており、ビッグデータの活用によるマーケティングが注目されていることはご存知の方も多いことでしょう。

以下では、トレンドのマーケティング手法を紹介します。

■Webマーケティング
・インターネットを利用して行われ、WebサイトやWebサービスを用いて実施されるマーケティング手法
・実施結果を数値で管理でき、施策の検証を行うことができる
・一人ひとりのターゲットに合わせた施策を行うことができるので無駄が少なく、低コストで新鮮な情報を得ることができる
・施策は以下の3種に分けられる
①集客施策…SEO 対策やリスティング広告(検索連動型広告)、バナー広告、SNS運営等
②接客施策…LPO(ランディングページ最適化)やEFO(Webフォーム最適化)等
③再来訪施策…リターゲティング広告やメールマーケティング等

■インバウンドマーケティング
・Webマーケティングの手法の一種
・ブログやニュースリリース、動画等のコンテンツを公開し、検索(SEO)やSNSによる拡散で集客をするマーケティング手法
・専門的な情報を提供することで見込み顧客に見つけてもらい、興味関心を引く

■コンテンツマーケティング
・Webマーケティングの手法の一種
・消費者にとって価値(知りたい情報)があるコンテンツの制作・提供の蓄積によって、消費者を継続的に惹きつけて顧客として定着させ、収益に繋がる行動をとってもらうマーケティング手法

■SNSマーケティング
・Webマーケティングの手法の一種
・LINEやInstagram、TwitterやFacebook等のSNSを活用したマーケティング手法
・顧客とのコミュニケーションによって企業や商品・サービスのブランド価値や認知度、好感度や信頼を高めたり、購買意欲を煽ったりする
・リアルタイムで顧客の反応を得ることができ、「バズる」ことによって爆発的に情報拡散ができるほか、顧客との直接的なコンタクトも可能
・長期的なアカウント運用が必須であり、コンタクトに有益な情報を提供する必要がある

■インフルエンサーマーケティング
・各分野で専門家レベルの知識がある人物やターゲット層に影響力の大きい、芸能人や有名ブロガー、インスタグラマー、YouTuber等に自社の商品やサービスを紹介してもらい、大多数の消費者への認知、購買行動に影響を与えるマーケティング手法

■グロースハック
・Webマーケティングと商品やサービスの開発が融合したマーケティング手法
・既存のWebマーケティングのみならず、データ解析やA/Bテスト等によって、商品やサービスに成長・拡散の仕組みを入れる手法

このように、トレンドのマーケティング手法はインターネットを中心としてターゲットに合わせ、コストが抑えられた手法が多いことがお分かりいただけたと思います。

トレンドのマーケティング手法一覧の写真

3.分析手法とフレームワーク

マーケティングは分析、戦略の立案をしてこそ活用できるものです。
そこで、代表的な分析手法とフレームワークを紹介します。

①3C分析:以下の3要素の関係を捉え、自社の戦略策定に活かす分析をするフレームワーク
・Company…自社
・Customer…市場、顧客
・Competitor…競合

②4C分析:以下の4要素から、顧客視点でマーケティング分析をする手法
・Customer value…顧客が商品やサービスに求めている価値
・Cost to the Customer…顧客が商品やサービスを得るためのコスト
・Communication…企業と顧客間のコミュニケーション
・Convenience…顧客が商品やサービスを得るための利便性

③SWOT分析:以下の4点から組織や個人の内部要因・外部要因を踏まえ、目的を明確にして市場環境を分析する手法
・Strengths…強み
・Weaknesses…弱み
・Opportunities…機会
・Threats…脅威

④STP分析:細分化された市場からターゲットを決定し、自社の立ち位置を明確化するマーケティング戦略の基本的なフレームワーク
・Segmentation…市場の細分化
・Targeting…標的市場の決定
・Positioning…ポジションの明確化

⑤PEST分析:自社を取り巻くマクロな外部環境を分析し、リスクを回避するためのフレームワーク
・Politics…政治
・Economics…経済
・Society…社会
・Technology…技術

⑥4P分析:自社商品・サービスの強みや課題を企業側の視点から分析する手法
・Product…製品
・Price…価格
・Promotion…プロモーション
・Place…流通

分析手法とフレームワークの写真

4.まとめ

今回はマーケティング手法一覧の紹介をしましたが、いかがでしたか。

マーケティング手法は様々であるものの3つに分類でき、その中でもダイレクトマーケティング、ゲリラマーケティングは今後も成長の可能性が大きいことがわかりますね。

また、トレンドな手法はインターネットを活用した、低コスト高リターンの手法が多いこともわかります。


ひかり税理士法人はナレッジシェア(知的財産の共有)に積極的であり、ノウハウを学びながらコンサルタントとして活躍できる土壌が整っています。

徹底した新人教育やOJTによる実践的な研修、更には社内で毎月開催の「ひかり塾」や、外部研修などに積極的に参加することで専門性を高めることも可能です。

就職後もスキルを身に付けて成長し続けたい方はぜひ、ひかり税理士法人で一緒に切磋琢磨しませんか?

まとめの写真
閉じる

現在の募集職種はこちらから
ご確認ください。

ENTRY