閉じる

相続税還付請求

相続税申告には多くの特例や、複数の計算方法が存在します。相続税専門の税理士が申告内容を精査し、再度申告することで、支払った税金が返ってくるかもしれません。

過去5年以内に相続税を納めた方で、下記に当てはまる場合は、
収めた相続税の還付が受けられるかもしれません。
申告財産のうち土地が大部分を占める
相続人の中に障がい者がいる
10年以内に連続で相続が発生した
以下の項目に該当する土地がある
  • 近隣の一戸建てに比べて非常に広大な土地である。
  • 土地の形が悪い(入り口が狭い、三角地など)
  • 一般道と接していない、私道・通路として使われている
  • 段差や斜面(崖)がある。
  • 都市計画道路の予定地や高圧電線の下にある
  • 土地について役所調査・現地調査をしていない など
なぜ、還付が受けられるのか

実は、多くの税理士は年に一度相続税申告をすれば良い方で、一度も相続を扱わないという税理士も珍しくはありません。

また、相続税は他の税と比較しても高額となることが多く、財産評価、分割方法によって、税額は大きく変わってくるのです。

相続税専門の税理士が過去の申告を精査し、豊富な知識と経験によって判断し直す事により、多額の相続税が還付される可能性があります。

完全成功報酬制

ひかり税理士法人の相続税還付申告は完全成功報酬制をとっております。

還付請求が成功しなかった場合、当然料金は発生しません。


上記の還付が受けられる可能性のあるケースに当てはまる方、当てはまるかもしれない方は、是非一度、ひかり税理士法人の財産戦略室にご相談ください。

担当事業部

040.jpg

担当者より

税理士・財産戦略室税務対策課リーダー水口 聡子プロフィールを見る

資産税関係の税務相談を受けることが多いのですが、その中でお客様から「前回の相続のときは税理士さんにお任せで申告をして、あまり説明もなかったので、よくわからない」というお話を耳にすることが多いのが実情です。相続税という人生最後の税金、総仕上げの場面において、ご家族と寄り添いながら、一緒に悩み考え次世代へ大切な財産を繋いでいきたいというのが私の信条です。豊富な現場経験と高度な知識で申告のみならず税務調査も念頭においた対応を心がけておりますので、安心しておまかせください。 また近年は相続「税」の問題だけにとどまらず円満な財産継承、争いを避ける相続の大切さを感じ、節税対策はもちろんのこと、生前の財産整理や遺言についても力を入れております。 お客様の立場に立ったわかりやすい説明、女性ならではのきめ細やかな対応を心がけておりますので、まずはなんでもご相談ください。