閉じる

事業再生

事業再生支援業務とは、まず、財務調査と事業調査を実施し、その結果を受けて、会社の進むべき方向性に従って経営計画を策定することを支援する業務をいいます。経営計画は会社経営にとって必要不可欠なものであり、経営管理上、もっとも重要なものです。会社の進むべき方向性や目標を達成するための施策は、経営計画にまとめられ、その進捗を管理することによって、はじめて実現します。 また、適切に作成された経営改善計画は、債権者の理解や金融支援を獲得するために重要な役割を果たします。

このような方はご相談ください
資金繰りが厳しく、金融機関に返済の見直し計画の提出が必要となった
金融機関に返済猶予をお願いしているが業績が回復したため、返済計画を見直したい

ひかり税理士法人を選ぶメリット

窮境の要因の特定と改善策の提示
財務分析および事業分析を通じて業績分析を行い、現状の経営課題を抽出し、お客様と経営課題を共有します。そしてその解決方法をお客様とともに考え、アドバイスや提案をさせていただきます。
自社にとって事業改善するための「道しるべ」となり、金融支援を受ける計画 書の策定支援
「計画の骨子」にもとづいて、将来、10年から20年の「財務計画」(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、その他必要な資料)を作成します。金融支援を受けるため、金融機関に認められる資料を提供します。

サービスの流れ

STEP1

財務調査

決算書やその他の会計資料を詳細に調査します

「現状」の財政状態を正確に把握し、「目標」(あるべき状態)とのギャップを財務会計の数値として明確に示します

「改善すべき金額」が明らかにします

STEP2

事業調査

財務調査の結果を受けて、事業別損益計算や勘定科目の分析などを駆使し、「事業(ビジネスモデル)」と「利益」の関係を可能な限り財務会計の数値で把握します。

利益の源泉や窮境に至った原因を追究するとともに、合理的な経営計画策定のために必要な「課題」及び「解決策」を調査します

STEP3

経営計画書策定

財務調査と事業調査の結果をもとにして、経営改善のための大きな方向性と具体的な施策を、「計画の骨子」としてまとめます。

「計画の骨子」にもとづいて、将来、10年から20年の「財務計画」(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書、その他必要な資料)を作成します

STEP4

金融機関への同意

策定された再生計画を金融機関に提示し、金融支援について同意を得ます

担当事業部

Webからお問い合わせ

問い合わせフォーム

電話からお問い合わせ

075-252-1300

受付時間:平日9:00~18:00