ひかり税理士法人


Recruit Site

Loading

2019.09.27 | 就活コラム
税務コンサルタント業務習得!税理士として仕事の幅を拡大させる
2019.09.27 | 就活コラム
税務コンサルタント業務習得!税理士として仕事の幅を拡大させる
税務コンサルタント業務習得!税理士として仕事の幅を拡大させるの写真

税理士の仕事をしていると、もっと仕事の幅を広げたい、キャリアアップを図りたいと感じることも多いと思います。
税務に関する知識が活かせる業務はたくさんありますが、その中でも税務コンサルタントは、顧客のパートナーとしての立ち位置を更に強化できる魅力的な業務です。

今回は税務コンサルタントのメリットや業務内容、活躍できる環境について紹介していきます。

CONTENTS

目次

1.税務コンサルタントのメリット

税務コンサルタントの業務習得は、税理士が仕事の幅を広げるだけでなく、真に必要とされる人材になるための第一歩ともいえます。

近年ではAIによる業務の簡素化が急激なスピードで進んでおり、税理士業界もその例外ではありません。

イギリスの名門、オックスフォード大学でAIの研究を行っているマイケル・A・オズボーン准教授も、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員と共著した論文『雇用の未来-コンピューター化によって仕事は失われるのか』では、AI化で近い未来になくなると予想される仕事に「簿記、会計、監査の事務員」や「税務申告書代行者」を挙げています。

AI化の流れは「人間の仕事がなくなるのでは」とネガティブな印象を与える面もあります。
だからこそ、より「人」ならではの能力が重視され努力次第でどこまでも未来を切り開いていける、というポジティブな面にぜひ目を向けてほしいです。

税務コンサルティングを行うには、下記のような、まさに「人」ならではの能力が必要とされます。

・論理的思考
・問題解決能力
・ヒアリング能力
・コミュニケーション能力
…etc

未来を悲観的に捉えるのではなく、どのように自身の能力を磨き高めていくかを考えていくことが大切です。

税務コンサルタント業務を習得すれば、多面的な視点と問題解決能力が養われ、税務の枠を超えた新たな付加価値を生み出すことができるようになります。

今後の時代を担う税理士として、ぜひ税務コンサルタント業務を取得してほしいと思います。

税務コンサルタントのメリットの写真

2.税務コンサルタントの業務内容

税務コンサルタントの主な業務は、一般的な税務だけでなく、経営的視点と専門性の高い税理士的視点を踏まえたコンサルティングを行うことです。

一般的なコンサルタントでも、税金の知識や財務諸表の読み方ぐらいなら理解している方は多いです。
税務コンサルタントが差別化を図るには、税理士ならではの最新情報の提供や専門性の高い提案が求められます。

例えば、具体的な業務内容には下記のようなものがあります。

・決算書や申告書からの経営分析
・財務及び経営課題の原因解明と解決策提案
・予算計画作成と実行支援
・税務観点を踏まえた事業再編のサポート
・節税と経営ノウハウを踏まえた法人設立支援

税理士ならではの専門性を活かしたコンサルティングで、活躍の場を大いに広げていきましょう。

税務コンサルタントの業務内容の写真

3.税務コンサルタント業務習得に理想の環境

税務コンサルタントの経験を積むのに理想の環境は
・会計系コンサルティングファーム
・中堅~大型の組織化された税理士法人
が挙げられます。

なぜならどちらの環境にも、
・情報共有の基盤があり高度な知識や成功事例が学べる
・様々な得意分野をもつメンバーが所属している
・チームを組み相乗効果で成果を出すことができる
といったメリットがあるからです。

・コンサルティングに特化したいなら「会計系のコンサルティングファーム」
・より税理士としてのキャリアアップを図りたいなら「中堅~大型の組織化された税理士法人」

どちらの環境がより自分自身にマッチしているかは、理想とする働き方と照らし合わせてみましょう。

※「会計系コンサルティングファーム」と「組織化された税理士法人」の特長や業務内容の違いについては、『【業界歴3年以上】税理士経験を活かした経営コンサルをする方法』で解説しています。
ぜひ合わせて読んでみてください。

税務コンサルタント業務習得に理想の環境の写真

4.まとめ

いかがでしたか?
今回は、税理士がスキルアップを目指すにあたって、税務コンサルタントの選択肢についてお話してきました。

税務コンサルタント業務の習得は、税理士としての仕事の幅が広がるだけでなく、未来に向けた自己成長を実現させ、顧客満足に直結する付加価値を生み出すことが可能となります。

AI導入が進んでいることから、税理士としての専門的な知識や経験はもちろんのこと、顧客の将来を見据える創造力や思考力、コミュニケーション能力といった「人」ならではの能力も培う必要があるのです。

急激な変化を遂げている現代において、本当に価値のある高品質なサービスを提供するためには、税理士としても「人」としても成長していくことが重要といえるでしょう。

ひかり税理士法人では、前向きに成長する人のための支援制度と、キャリアステージに応じて働ける環境が整っています。

税務コンサルタント業務習得を目指すにおいても、法人税務コンサルティングや資産税コンサルティングのプロフェッショナル達と共に、ひかり税理士法人で切磋琢磨してみてはいかがでしょうか。

まとめの写真