075-330-6058
受付時間:平日 9:00-18:00

MENU

クラウド会計は、従来のパソコンへのインストール型の会計ソフトではなく、インストール不要でどのようなデバイスでも操作できる会計システムです。

銀行口座やクレジットカードの入出金明細を自動で取得
日々の仕訳業務を自動で作成することができるため、無駄な手入力を大幅に削減できます。

リアルタイムに会計データを取り込むため、出張先でも最新の財務状況を確認することができます。
クラウド会計ソフトfreee(フリー)の使い方紹介動画

01
簿記や会計の知識のない人でも
入力できる
簿記や会計を知らない人でも入力できるよう、分かり易い入力画面になっています。家計簿のような画面にプルダウンで候補が出てきますので、直感的に項目を選んでいけば仕訳を入力することができます。
02
自動仕訳による帳簿作成
インターネットバンキングやクレジットカード、ネット通販の購買履歴などをfreeeに連携すると、日付や金額、取引先などの利用明細を自動で取得し、データから人工知能(AI)を使って勘定科目などを推測します。

手入力によるミスを防ぎ、経理作業にかかる時間を大幅に削減することができます。
03
領収書や請求書も
スマホ・スキャナで記帳完了
領収書や請求書をスキャナでデータ化し、取り込むことができます。
電子帳簿保存法※の改正により、一定の要件を満たしてスキャナ保存をしたレシートや請求書の原本を廃棄することができます。
もう書類の保管場所の心配やファイリングする手間も必要ありません。
※電子帳簿保存を利用するためには、あらかじめ所轄税務署への申請手続きが必要です。
04
使う端末・場所を選ばず
どこでも使える
従来のパッケージソフトとは違い、時間や場所を問わず利用可能なため、インターネットさえ繋がれば、全国各地の営業所や海外の出張先でもアクセスすることが可能です。
05
完全無料で自動アップデート
税法改正や消費税の増税にも自動アップデートで対応。パッケージ型の会計ソフトと異なり全て無料で更新します。

経理の効率化というキャッチフレーズに惹かれて、freeeを自社で導入したが、銀行口座の連動設定や売掛金の自動消込設定などの処理方法がイマイチ分からずとりあえず手入力で記帳しており、効率的に運用できている気がしない。
導入当初に銀行口座の連動設定をしたつもりだが、しばらく会計ソフトを立ち上げていなかったら、連動可能期間が経過して自動取り込みができなくなり、結局、預金出納帳を手入力で記帳せざるを得なくなった。
銀行口座やクレジットカード、モバイルSUICA、楽天市場、Amazon、ASUKULなどの利用明細や購入履歴、売上データを便利と思って自動で取り込む設定をしたが、自動仕訳ルールが増えすぎて複雑になったり、連動した取引仕訳が細かすぎたりして混乱の原因となった。
「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」「備考」をうまく設定することで、業績をタイムリーに管理する収益レポートを瞬時に作成することができるのに、自社にとってどのような分析データが必要か深く検討せずに導入してしまったため、カテゴリー別の業績管理機能を全く使えない状況になってしまった。

クラウド会計は、直感的に操作できる一方で、インターネットバンキングの初期登録や自動取り込みルールなどの初期設定をきちんとやっておかないと、誤った経理処理となったり、修正作業に時間がかかって、 かえって非効率になることもめずらしくありません。
そのためには、導入時の初期設定をしっかりと行い、誤りなく自動化できる仕組みを作らなければなりません。

ひかり戦略会計株式会社は、クラウド会計ソフトの
認定アドバイザー/パートナーです。
認定アドバイザー/パートナーとして、多数の支援実績があり、導入時の初期設定、得意先別、商品別などの業績見える化の仕組み作り、部門別会計の導入など、あらゆるノウハウを有しております。
また、クラウド会計ソフトの導入から請求管理や入金消込みの自動化、経営レポート資料の作成まで担当税理士が直接訪問してトータルにサポートいたします。
結果として、経理業務を効率化し、経営に集中できるための環境を作ることが可能です。

無駄な手入力がなくなる

  • 銀行やクレジットカードの明細は自動で取り込みO.K.!
  • モバイルsuicaなどの電子マネーの利用明細、楽天市場やamazonなどの売買データも取り込み可能!
  • 日々の現金売上もレジアプリとの連携で入力を自動化!

現金売上

請求書の発行業務もこんなに楽になる

  • 請求書を発行すれば自動的に会計にも入力されます!
  • 請求書の郵送代行やweb請求を利用すれば、郵送業務も不要に!
  • 入金データを取り込めば、得意先毎の売掛金の自動消込も可能!

請求業務

買掛管理や経費の精算も転記の入力が不要に

  • 買掛情報を連携させて、ネットバンキングへの支払金額の転記入力を省略!
  • 領収書や請求書もスマホでパチリ!自動的に取り込まれます!
  • 従業員が申請した立替経費の承認機能も兼ね備えています!

買掛管理

経費精算

日々の業績把握でスピード経営!

  • スマホでデータが見られるから、出張先でも業務を把握できます!
  • 入力を自動化しているので、リアルタイムで日々の業績が反映されます!
  • クラウド会計ですので、顧問税理士とはいつでもデータを共有できます!

クラウド会計に精通した税理士が最適な導入プランを提案
  • クラウド会計の導入実績が豊富な税理士が、御社に適した会計ソフトをご提案します。
  • 導入してから軌道にのるまで、操作方法や設定の勘所などをしっかりと丁寧にフォローします。
周辺機器やアプリとの連動設定など、IT専門スタッフによる万全のサポート
  • 領収書を読み取るスマホアプリ、レジアプリ、請求書の読み取りスキャナなどの周辺機器のセッティングをIT専門スタッフが万全にサポートします。
  • 業種特有の販売管理ソフトの活用が不可欠の場合、販売管理ソフトからデータを抽出し、クラウド会計にそのデータを取り込むことで、無駄な手入力をなくす仕組みを提案します。
スムーズにクラウド会計を導入するための安心のサポート
  • これまでお使いになっていた会計ソフトの入力済みデータを、弊社が代行してクラウド会計ソフトに移行させます。
  • お客様と一緒に操作しながら、銀行口座やクレジットカードの初期設定をしますので、不慣れな方でも安心です。
業績管理の仕組みづくりも任せてください
  • リアルタイムに業績を管理するためには、「取引先」「品目」「部門」「メモタグ」「備考」をうまく設定しなければなりません。
  • お客様の業務の流れ、業績管理に必要な情報をしっかりとヒアリングして、クラウド会計の収益レポート機能を経営に活用できるようご提案します。
嬉しい充実のサポート体制
  • サポート期間を3~6ヶ月設け、自動化の仕組みができるまで、訪問、電話、チャットなどでしっかりとサポートします。
  • クラウド会計の導入だけではなく、請求管理の省力化、人事労務管理の効率化もご提案します。

お電話でのお問い合わせ
075-330-6058
受付時間 平日 9:00-18:00

FCのコンビニを2店舗運営していたが、全く別分野である海鮮丼のテイクアウト店舗の運営を開始。
業種転換に伴い、会計入力から業績管理まで自身で行うことが必要となりfreeeの導入を実施。
経理業務の軽減を実現
  • 1.POSレジシステムとの連携を行うことで、日々の売上を自動でfreeeに登録できるようになった。
  • 2.インターネットバンキングと同期させることで、自動で仕訳を登録できるようになった。
  • 3.クレジットカードと連携することで、自動で仕訳を登録できるようになった。
  • 4.現金払い領収書はスマホで撮影しアップロードすることで、自動で仕訳ができるようになった。
導入効果
日々の売上や経費を確認することによって、社長自身の経営意識の向上につながった。
自動で登録されることで、タイムリーな業績把握が可能となった。
従業員数2人の会社のため日々の業務に追われてしまい、3ヶ月分をまとめて会計ソフトに入力するような状態となっていた。また、売上や仕入の計上もれも多く、決算予測、決算対策にも影響していた。
経理業務の軽減を実現
  • 1.インターネットバンキングと同期させることで、自動で仕訳を登録できるようになった。
  • 2.クレジットカードと連携することで、自動で仕訳を登録できるようになった。
  • 3.請求書をfreeeで作成することで自動で売上の登録をすることができるようになった。
導入効果
銀行連携、クレジット連携によるタイムリーな仕訳登録により月次確定の遅れを解消。また「未決済取引登録」から「決済」の流れにより売上や仕入の計上もれについても解消できた。その結果、精度の高い決算予測を早い段階で実施することができ、有効な決算対策が可能となった。
日々の会計処理に時間をとることができず、会計処理に遅れが発生。
タイムリーな会計情報を把握することができず、損益についても日々の意思決定の指標として使うことができていなかった。
経理業務の軽減を実現
  • 1.インターネットバンキングと同期させることで、自動で仕訳を登録できるようになった。
  • 2.コメント機能を利用することで、勘定科目を何にしたら良いかなどの不明点を即座に解消することができるようになった。
導入効果
インターネットバンキングと同期させることで、自動で仕訳を登録できるようになり、日々の会計処理に要する時間を短縮することができた。
会計データが日々の意思決定の指標としても有用となり、決算対策について事前に検討することができるようになった。

クラウド会計導入支援サービスとはどのようなサービスでしょうか?
クラウド会計を活用して、経理業務を効率化させるためには、銀行口座やクレジットカードなどの連動設定を行い、人工知能(AI)で仕訳入力を自動化するための初期設定が重要になります。
そこで、3~6ヶ月程度のサポート期間を設けて、スムーズに自動化できるようしっかりサポートさせていただきます。
会社の業績をタイムリーに把握する仕組みも支援してくれるのでしょうか?
ハイ。クラウド会計導入支援サービスの中で、業績管理をタイムリーにできる体制作りもサポートいたします。
まずはお客様の業務の流れや現状の業績管理方法をヒアリングさせていただき、部門別会計による業績管理の強化や「取引先別」「担当者別」「商品別」などカテゴリー別の経営レポートを瞬時に作成できる仕組みを提案させていただきます。
freee以外の他のクラウドソフトでも導入コンサルティングをされているでしょうか?
ハイ。弊社はMFクラウドについても、公式パートナーとして多数の導入実績を有していますので、MFクラウドの導入コンサルティングサービスも提供することができます。
税務顧問契約を他の税理士事務所で締結していますが、クラウド会計の導入支援だけを依頼することはできますか?
ハイ、可能です。導入コンサルによるスポットでのご支援も承っております。

こちらのフォームからもお気軽にお問合せください。
内容確認後、担当者から改めてご連絡させていただきます。

お名前必須
ご住所必須
お電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせの内容必須
プライバシーポリシー必須

プライバシーポリシー
ひかり戦略会計株式会社は、高度情報化社会における個人情報保護の重要性を認識し、つぎのとおり個人情報保護方針を定め、職員一同に周知徹底することによって、お客様の個人情報の保護に努めます。

個人情報の取得弊法人は、業務上必要な範囲内かつ適法で公正な手段により個人情報を取得します。
個人情報の利用目的
(1) 弊法人は、個人情報を取得の際に示した利用目的の範囲内において、業務の遂行上必要な場合に限り利用します。
(2) 弊法人は、個人情報を第三者との間で共同利用し、又は個人情報の取扱いを第三者に委託する場合には、当該第三者について厳正な調査を行った上、個人情報の安全管理保持のため必要かつ適正な監督を行います。
個人情報の第三者提供弊法人は、お客様の個人情報を法令等に定める場合及びお客様の同意をいただいた場合を除き、第三者に提供いたしません。また、お客様からのご相談や専門サービスを提供する際に、税理士以外の専門家の助言が必要な場合には、お客様の同意を得た上で第三者へ情報を提供することがあります。
個人情報の適正管理弊法人は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策を実施し、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏えい等の予防に努めます。
個人情報のご確認・訂正・削除弊法人は、お客様ご自身の個人情報について、開示、訂正、利用停止、消去等を求める権利を有していることを確認し、これらの請求があった場合には、速やかに対応します。
お問い合わせ個人情報の取り扱いに関するご意見、ご質問は、弊法人総務部までご連絡下さい