閉じる

img_column.png

相続税申告の料金表(税理士報酬)

2017.04.13 相続

相続税額は財産を評価する税理士により大きく異なります。それは、税理士にも得意な分野もあれば、不得意な分野もあるからです。もし、お客様が相続に詳しくない税理士に申告を依頼してしまった場合、適正額を超える相続税を支払う可能性がありますので、税理士選びはくれぐれも慎重にされることをお勧めします。 法人や個人事業の顧問税理士と相続税の顧問税理士を使い分けてご依頼されるお客様も結構いらっしゃいます。 もし、相続、節税に関してご不安なことがありましたら「相続対策・申告のコンサルティング実績、年100件以上、京都・滋賀・大阪・広島・東京・埼玉・高崎に拠点を持つ、ひかり税理士法人グループ」にお任せください。

 

相続税申告コンパクトプラン 特設ページ

 

1,お得な相続税申告プラン・コンパクトプラン

相続税申告報酬 25万円

基礎控除の引き下げにより、相続税がかかるようになった方へ最適なプランです。

※原則として、以下の条件を満たす方

  • 非上場株式をお持ちでない
  • 遺産分割について争いがない
  • 亡くなってから4ヶ月以内のご依頼

※不動産評価については別途報酬が発生します。

詳細は、特設ページをご覧ください。
特設ページでは、相続税額のシミュレーターもございます。

2,通常プラン

基本報酬:25万円〜

遺産総額 相続税申告報酬額
5億円以下の部分 遺産総額×0.45%
5億円超10億円以下の部分 遺産総額×0.3%
10億円超の部分 遺産総額×0.15%


 

加算報酬

項目 報酬額
相続人が複数いる場合 +上記基本報酬×10%×(相続人の数-1)
土地(1利用区分ごとに) +5万円
(広大地その他著しく複雑な評価を伴うもの。1利用区分ごとに) +10万円~
非上場株式(1法人ごとに) +15万円〜
税理士書面添付 5万円~
日当(役所・現地調査、税務調査対応等) 5万円/日

※申告期限が間近に迫っている場合や、特に複雑な案件の場合には、追加報酬をお願いする場合がございます。
※上記費用には、旅費・交通費・各種証明書取得費用等の実費、手数料等は含まれません。

3,お得な割引プラン

納税額ゼロ円割引き
※見積もり作成の段階で、申告を行うことにより、
納税額が0円となることが明らかな場合に適用されます。
-15%
お一人様割引き
※法定相続人が一人の場合のみに適用されます。
-20%

※別途消費税を頂戴しています。

税理士報酬シミュレーション

遺産総額 8,000万円の方の例

相談者 ひかり花子
亡くなった方
相続人 ひかり花子、子供3人の計4人
基礎控除 3,000万円+(600万円×相続人4人)=5,400万円
遺産内訳 自宅(土地・建物) 5,000万円、金融資産(相談者現預金・株) 3,000万円

 配偶者の税額軽減や小規模宅地等の評価減(自宅土地が80%減額) など、特例が適用できた場合⇒納税額はゼロに

  1. 基本報酬:25万円
  2. 遺産の総額にかかる報酬額 36万円
  3. 人数加算報酬額 12万円
  4. 個別加算報酬:土地利用区分1箇所 5万円
  5. 納税額ゼロ割引 ▲11万円(▲15%)
  6. 弊所規定による税理士報酬総額 67万円

※別途消費税を頂戴しています。

遺産総額 1億円の方の例

相談者 ひかり太郎
亡くなった方
相続人 太郎と太郎の妹の計2人
基礎控除 3,000万円+(600万円×相続人2人)=4,200万円
遺産内訳 自宅(土地・建物) 5,000万円、金融資産(現預金・株) 5,000万円
  1. 基本報酬 25万円
  2. 遺産の総額にかかる報酬額 45万円
  3. 人数加算報酬額 7万円
  4. 個別加算報酬:土地利用区分1箇所 5万円
  5. 書面添付 5万円
  6. 弊所規定による税理士報酬総額 87万円

※別途消費税を頂戴しています。

 

相続税申告コンパクトプラン 特設ページ

 

コラム一覧へ

    Webからお問い合わせ

    問い合わせフォーム

    電話からお問い合わせ

    0120-296-371

    受付時間:平日9:00~18:00